【 福 島 の 風 光 】
 郷里である伊達市(旧伊達町)を中心に、風光明媚な福島を紹介します。
伊達市は福島県中通り、県北に位置し、海に山に車で一時間程のロケーション。
吾妻連峰、相馬、会津、宮城県南部、山形県南部が行動範囲。
訪れた地域の食や伝統文化、郷土史にも触れられたらと思います。

2017年5月5日金曜日

【第百二回】宮城県七ヶ宿町の春の山野草




 2017年5月3日。
 毎年今頃になると、山野草を見に宮城県七ヶ宿町へ出かけている。

 昨年は4月9日に訪れ、その時の様子は【第六十五回】に記してある。
 ルート等の詳細はそちらを参考にしてください。

 【第六十五回】常称寺の枝垂れ桜再び、目覚め始めた山の花々
 https://onotoshiaki.blogspot.jp/2016/04/blog-post_9.html


 一月違うと、風光もだいぶ変わるだろう…。




 伊達から小坂峠を越えて、宮城県白石市に入り、国道113号線(七ヶ宿街道)を目指す。
 8時20分、あたり一面の山肌は山吹色に染まっていた。








 フキノトウを収穫。
 天ぷらに合う、小振りのものはあまりなかった。
 だが伸びたフキは葉を除き、茎の部分をキンピラにするとこれもまた美味。😋




 鳥の足のような形をしているトリアシショウマ。
 炊き込みご飯にすると美味しい。






 稲子峠から蔵王を望む。




 急な斜面の上にあるイワウチワの群生地。

 イワウチワ|四季の山野草
 http://www.ootk.net/cgi/shikihtml/shiki_978.htm




 よじ登って近づいた。






 葉の形が団扇に似ているからその名がついたとか…。




 可憐な花が斜面に敷き詰められていた。




 こちらは何ともおめでたい名前のエンレイソウ。

 エンレイソウ|四季の山野草
 http://www.ootk.net/cgi/shikihtml/shiki_278.htm




 紫色のキクザキイチゲ。

 キクザキイチゲ|四季の山野草
 http://www.ootk.net/cgi/shikihtml/shiki_43.htm




 白いキクザキイチゲもある。




 花はアズマイチゲに似ているが、キクザキイチゲは葉の切れ込みが鋭角。
 アヅマイチゲは葉の切れ込みが丸っこいので見分けがつく。

 アズマイチゲ|四季の山野草
 http://www.ootk.net/cgi/shikihtml/shiki_40.htm




 清楚な佇まいのタチツボスミレ。

 タチツボスミレ|四季の山野草
 http://www.ootk.net/cgi/shikihtml/shiki_252.htm




 美味い空気を胸いっぱいに吸い、10時15分に撤収した。




 山桜が上の方まで登ってゆく。




 10時30分、国道113号線沿いにある七ヶ宿町農林産物直売所で小休止。
 展望所から滑津大滝を見下ろした。

 滑津大滝|七ヶ宿町観光サイト
 http://www.town.shichikashuku.miyagi.jp/sightseeing/view/nametsu.html




 抹茶とバニラのダブルソフトクリームで憩う。

 七ヶ宿町農林産物直売所|宮城県
 http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/oksgsin-r/sales-04-02.html




 春祭りがあったのか、街道では山車が引かれていた。




 七ヶ宿ダムから見る蔵王。




 11時10分、福島県に戻り、小坂峠から伊達の盆地を見下ろした。

 平地では水鏡が目につくようになった。
 遠く台形の山が霊山で、その向こう側が相馬市となる。

 写真中央やや下に見える平べったい屋根は、5月3日オープンの道の駅「国見あつかしの郷」。
 初日は大賑わいだったようだった。

 道の駅「国見あつかしの郷」オープン 大入り!開店前から行列|福島民友
 http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170504-169472.php

 道の駅 国見 あつかしの郷|国見まちづくり株式会社
 http://www.michinoeki923.com


 落ち着いてから出かけてみよう…。